NEWS

アメリカ スターバックス アーモンドミルク オプション

特集 - Posted on
latte_image

スターバックスのアーモンドミルク オプションはいつ始まった?

アメリカの Starbucks – スターバックスアーモンドミルクのオプションがメニューに追加されたのはいつだっただろうか? スターバックスがついにアーモンドミルクをメニューに加える、とニュースになったのは2016年夏頃で、その年の9月6日から各店舗でアーモンドミルクが随時オンメニューになりました。
すでにアーモンドミルクの人気は高まったいたので、スターバックスはアーモンドミルクをやらないのかな?と思っていましたが、満を持しての発表となりました。スターバックスでは牛乳以外のノンデイリーオプションとして、2004年にソイミルク(豆乳)をメニューに加えました。"ソイラテ“という飲み方が世界的に広まって定着したのはスターバックスの影響が大きいですね。また2015年の2月には、ココナッツミルクのオプションが加わりました。そしてこのタイミングでアーモンドミルクが追加されました。この3つのノンデイリーオプションの中でアーモンドミルクが最も人気であることを考えると遅いくらいでしたね。
なぜこのタイミングだったかというと、スターバックスのカスタマーから約10万件のリクエストやクレームが届いていたからだという。多くのお客様が “ずっとアーモンドミルクはないのか?と頼み続けているのにまだ豆乳しかない。豆乳は飲みたくないのに。” といった声を寄せていたのだ。
現在アメリカでは4,600以上のロケーションでアーモンドミルクのオプションがメニューに加わっている。イギリスや日本などでも昨年アーモンドミルクのオプションが加わったことを考えると、世界的なスタンダードになっていくことは間違いないだろう。
“ソイラテ”がそうだったように、"アーモンドミルクラテ" が一般の消費者の中でも定番になっていくにはスターバックスなどの大手の動向もかなり影響があると思います。お客様が求めるもので美味しいものはきっと人気が続いていくことは間違いないでしょう。

カリフィアファームズのアーモンドミルクはこちらから!

カリフィア・ファームズ・アーモンドミルク・バリスタブレンド 946ml

カリフィア・ファームズ・アーモンドミルク・バリスタブレンド 946ml×6本

カリフィアファームズ アーモンドミルクとプラナチャイ 250g のセット