NEWS

アサイーってどんな味?

SAMBAZON AÇAÍ - Posted on

美容や健康に興味がある方は、一度は聞いたことがある果物アサイー。
最近はカフェでの取り扱いも増え、メジャーになってきたアサイーですが、まだまだアサイーを知らない、食べたことがないという人も多いはず。

アサイーとはどんなもの?

アサイーはブラジル原産の果実で、見た目はブルーベリーにとても良く似ています。
ですが、その見た目に反して可食部はほとんどなく、果実に見えるところの大部分が種で占められています。
また、アサイーはとても酸化しやすいため、サンバゾン™のアサイーは収穫後、現地で新鮮なうちに冷凍ピューレやパウダーに加工され、輸出されています。

アサイーの味って?

アサイーの味を想像してみると、ブルーベリーと同じように、なんとなく酸味があり少し甘い感じをイメージしますが…。

サンバゾン™のアサイーピューレには加糖タイプ無糖タイプがあり、加糖タイプはきび砂糖とガラナエキスで甘酸っぱい風味が付けられ、そのままでも食べやすいよう味付けされています。
この加糖タイプを食べた方は、普段イメージしているアサイーの味に近いと感じるのではないでしょうか?

ですが、実は私たちがアサイーの味だと思っているのは、アサイーボウルのトッピングや一緒にスムージー状にした他の果物の酸味や甘味であることがほとんどなんです。意外でしたか?
アサイー自体はとっても上品な味で、ココアの風味に似ているとも言われています。これは実際に食べてみないとピンとこないかもしれませんね。
簡単に言うと、アサイーは全体の味をまとめ、他の果物の甘味や酸味を最大限に引き出してくれる存在と言えます。

では、そのアサイーの美味しい食べ方を2つご紹介します!

果物の味を引き出す!アサイーの美味しい食べ方

アサイースムージー

アサイーと水・牛乳・豆乳・ヨーグルトをミキサーにかけスムージー状態にしたもので、お好みではちみつや果物を入れても美味しいです。
朝ごはんに取り入れている人が多いようですね。

アサイーボウル

アサイーに豆乳を混ぜペースト状にし、その上にシリアルをかけ果物をトッピングしたもので、ハワイでよく見かける食べ方です。
最近は日本のカフェにもアサイーボウルが多く進出し、その食べ方を真似てご家庭でも幅広くアレンジされ作られるようになりました。

上にのせたり、ペースト状にする際に使う果物は、バナナ、マンゴー、ストロベリー、ブルーベリー、りんごなどがおすすめです。
さらに甘さを加えるためにはちみつ、生クリーム、あんこを加えるアレンジレシピもあります。

おわりに

上記のように、アサイーやフルーツをより美味しく食べるため、アサイーボウルやアサイースムージーなどの新しいアレンジレシピがたくさん出てきています。
これからもアサイーの新しい味や食べ方に期待大ですね!